アヴァンス法務事務所 消滅時効 取得時効 相談 債務整理 ヤミ金

アヴァンス法務事務所を紹介。消滅時効の援用のご相談ならアヴァンス法務事務所へ


消滅時効の援用

アヴァンス法務事務所を紹介。消滅時効の援用のご相談ならアヴァンス法務事務所へ 


消滅時効とは、
一定の期間にその権利を行使しないと、その権利が消滅してしまう、という法制度なんです。
消滅時効といのは、一定の期間経過によって勝手に権利を消滅させるというものではないんです。
時効の利益を受ける側が、利益を享受する旨を主張(援用)するという行為をしなければなりません。

消滅するまでの期間は、民法の第166条以下で、請求する権利(債権)の内容により、規定されています。
例を出すと、消費者金融からの借入金については、最終支払期限より5年経過で、飲食店のツケは1年経過で、時効成立(消滅時効の完成)となるんです。

となるのですが・・・
裁判その他の法的手続を取られている場合には、原則として、確定した日より10年間となります。

↓↓↓↓↓↓消滅時効の相談ならこちらの法務事務所へ↓↓↓↓↓↓
アヴァンス法務事務所




アヴァンス法務事務所を紹介。消滅時効の援用のご相談ならアヴァンス法務事務所へ 


消費者金融や携帯電話事業者、家主などの債権者へ最後に返済してから5年以上が経っている場合、消滅時効により支払い義務が消滅しているかもしれません。 この場合、債権者に対して、「消滅時効援用の意思表示をします」と伝えること(消滅時効の援用)により、債権が消滅します。
※貸主などの内容によっては最後に返済してから10年以上経たないと消滅しないケースもあります。

手続きSTEP@
ご相談者様がお持ちの債権者との契約書,督促状などの書類を拝見させて頂きます。

手続きSTEPA
時効援用を出来る可能性があるかを確認し、当所が時効援用の書面を作成、内容証明郵便で債権者に郵送し、到達後時効が成立しているかを確認します。

ご契約後、原則ご相談者様ご自身で行っていただく作業は御座いません。

時効は、下記@〜Bの事由によって妨げられ、最終支払日から5年経過していても時効が成立しないことがあります。
@請求、A差押え、仮差押えまたは仮処分、B債務の承認

具体的には、債権者から訴訟提起された場合・内容証明郵便にて請求をされた場合・債権者に支払いを約束した場合等に時効の成立が妨げられる場合があります。


↓↓↓↓↓↓詳しくはお問合わせください↓↓↓↓↓↓
アヴァンス法務事務所




アヴァンス法務事務所を紹介。消滅時効の援用のご相談ならアヴァンス法務事務所へ 



お金を返せずにいると高い利息がついたり、督促がきたりと大変なことになりかねません。インターネットを使ってキャッシングの明細を確認すれば、親などから隠れて借り入れを行うことが可能です。キャッシングを行うことは非社会的なものではありませんが、家族に秘密にしたいという人も多くいます。
キャッシング会社からキャッシングの明細が送られて隠し切れないということがないようにWEB明細サービスを使用するのがベターです。審査を簡単に通ることのできる業者も存在しますが、審査が甘い代償として、金利が高めであったり、お金を返す方法が限定されていたりと、不利な条件も存在するでしょう。それが分かっていても、手持ちを必要としていて審査が簡単には通らない業者からはキャッシングしてもらえないならば、審査の甘い業者だとしても、そこに申し込む以外の手がない方が少なくないのが実情です。


アヴァンス法務事務所を紹介。消滅時効の援用のご相談ならアヴァンス法務事務所へ 




↓↓↓↓↓↓詳しくはお問合わせください↓↓↓↓↓↓
アヴァンス法務事務所




 

サイトマップ